インフラエンジニアになろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とかく人材の流動性が低い業界なんです。 志望者も多いんだか少ないんだか。。。 現職の我々も、楽しさをもっと伝える努力をしないとですね! と、いうわけで、ストレートなエントリをご紹介。 インフラエンジニアになろう! – Carpe Diem 紹介されているとおり、なかなか難しいけど、やりがいがある仕事です。 はっきり言って、内容は高度です。しかも動いて当たり前。 プログラムやアーキテクチャもわかって当たり前。 プログラミング~インフラ~ビジネスの知識も必要です。 意外かも知れないけど、ビジネスの知識は必須なんですよね。 ハードウェアを資産にするとかしないとか、そういう話もあるし、 メンテナンス時間をどう設定してビジネスへの影響を抑えるかの検討もするし。 サービス稼働時間=自分が稼働時間になりがちで稼働時間も長くなりがちです。 (ウチの会社は保守運用専業で24h体制なので、そんなにキツくないです) でも、システムと長く付き合うインフラエンジニアだからこその楽しみもあるんです。 サービス・ビジネスを育てること。これはインフラエンジニアならではだと思います。 そんな楽しいインフラエンジニアの世界へぜひお越しください。

ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads