#サバフェス 現状確認回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NAVERまとめを書いてる気分

2015.3.6 23:23

  • 環境構築が間に合わず開始が4時間遅れる
  • サーバの時計が大幅にずれてる
  • サンプル設定のディレクトリ名が一部間違ってる
  • ◯◯がNFSマウントされていますがアンマウントしないでください→マウントされていない
  • proxy設定がずさん
    • /etc/init.d/mackerel-agent start はOK
    • service mackerel-agent start はNG
  • history を見るとtypoがたくさん。手動でがんばったっぽい
    • ccccd
    • curl /https://www.google.co.jp
    • cat /etc/yum.repos.d/CentOS-
  • (自分じゃなかったけど)渡されたパスワードが間違っていてログインできない
  • ベンチマーク受付サイト内のCSSが style='border:none;width:800px;' だけ
  • ベンチマーク1回に90分くらいかかるっぽい
    • データ初期化: 約50GBをNFS転送→gzip展開
    • ベンチ: 15分間(仕様通り)
  • ベンチマークのワーカー数は 1
  • ベンチマーク依頼はキューイングされず早い者勝ち
  • 公式対応RDBMSのうちMariaDB10.0のみデータファイルが別のところにあり入手できない
  • ベンチマークのパラメータは公開されたので自分でベンチマーク可能

MariaDB10.0でやろうとしてたわたしは、まだスタートラインに立っていない。 MariaDB10.0は使って良いRDBMS一覧には入ってたけど、テストされていなそう。

2015.3.7 12:19

  • データファイルが入手できるようになりローカルベンチが実行できるようになって快適
    • あらかじめ展開しておけばデータファイルのコピー(約100GB)は5〜6分なので、1回30分弱でローカルベンチが回せる
  • スタートラインに立った感
  • 公式ベンチを事前に回せなくても最後に運営で一度ベンチしてくれるそうなのでその1回に賭けるのはアリかもしれない
    • スコアはローカルベンチで見られるし

2015.3.8 11:06

ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads