AIIT学生会勉強会に参加しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お題

アジャイル入門 by 荒井さん

アジャイル?

実装(実践)として – プロジェクト管理中心 – 包括的アプローチ – など がある。 http://www.agilemanifesto.com/ 今までの工学的アプローチに欠けていた、 「」の観点を取り込んだ。

例えば:シンプル

工学的アプローチ – 分業 – 問題を分割して割り振る – 複雑な現実世界をモデル化する – 予測し、できるだけ正確に計画する – 変化する部分と変化しない部分を分離してフレームワーク化する などなど。 アジャイルのアプローチ – プロジェクトを大人数にしない – チームに利害関係者を入れてしまう – 「見える化」「face to faceコミュニケーション」で、 問題を素早く・簡単なうちに解決する – モデルやコードが複雑にならないようにする (YAGNI) – 常にフィードバックをして、ズレを早めに補正する 実現のコツ – テストファースト – リファクタリング – 日本語中心主義(場合による)

例えば:リファクタリング

読むべし。

例えば:コミュニケーション

まずは挨拶しよう! たとえば、部屋がデカすぎると挨拶しづらい。。 シンプルを実現→人数が少なくなる→挨拶しやすい→happy!

例えば:見える化

  • 進捗
  • 根拠がある数字で表さないと意味ない(意味ない例: 直感の%)
  • 仕様
  • 情報を持っている側が説明責任を果たす。ドキュメント渡してハイ終わりとか無理
  • 課題
  • ツールを使えばいいってもんではない。 溜め込んでいる課題を吐き出させることも大事。飲み会とか。
  • 異常
  • ムード ・・・続きはまた今度!

お題2

ローカライゼーション by 西野さん

ローカライゼーション?

広義: 製品の地域向けカスタマイズ 狭義: ソフトウェアを現地向けにすること 具体的には・・・翻訳 + 機能 – UI – ヘルプ – 現地慣習対応 – 氏名表示順 – 現地法対応 – 通貨表記 – 税制 – などなど。 ※今回は狭義のお話 L10N = Localization = ローカリゼーション、ローカライズ、、、 手順・・・ 1. 国際化(internationalization) – 汎用(switch可能)にする 2. 現地化(localization) – 現地用のサブセットを用意する ↑を合わせてglobalizationという。

使うツール

翻訳メモリ – 原文と訳文がセットで保存されるデータベース – すでに保存されている原文に近い原文が出てくると、 それを勝手に読み込んでくれる(文章単位でできる)。 – 機械翻訳ではなく、人間翻訳の再利用。 – Trados, Google Translator Toolkit, OmegaTなど – 訳文の統一、作業速度UP、コスト削減の効果 – 繰り返しが多いドキュメントに効果的 – マニュアル(○○をクリックして・・・) – バージョンアップ – などに効果的 – 原文 / メモリ訳文のマッチ率は作業負荷の目安にしたりする。 用語集 – ドキュメントで利用する用語を集めたもの – 対訳集 – 公開されているものもある – 例: Sun http://g11nportal.sun.com/sungloss/login.jsp, Microsoftなど スタイルガイド – 文体、句読点、スペース、記号などの使い方ルール – 細かく決まっている例が多い – 公開されているものもある – 例: Sun http://wikis.sun.com/display/g11n/Language+Style+Guides 辞書 – 普通の和英・英和・国語辞書・類語辞典など – うまい(適切な)日本語表現を探すために、類語辞典が役に立つ – ビジネス技術実用英和大辞典(和英)が有名で実用的 – いずれにせよ、電子版が便利でよく使う

翻訳のポイント

ソフトウェアの場合

文字数(長さ)的に入らないこともある。 – 例: Favorite(8byte)→お気に入り(10byte) / お気入り(8byte) 文体を揃える – 「ファイル開く」「ファイル検索」など、混ざっていると分かりづらい – 同じ場所なら、文体を揃えるべき 文脈がわからないと、訳すのが難しい。 メッセージファイルだけもらっても辛い。 – 例:「Finished」 – メッセージ自体の場合: 完了しました? – 直後に数字が表示される場合: 完了した数? – 直後にファイル名が表示される場合: 完了したファイル?

ドキュメントの場合

スタイルに一貫性を持たせる – わかりやすいドキュメントにするために重要 – 企業毎に異なる – ファイルタイプごとにも違ったりする – htmlはこう、propertiesはこう、など。。。 用語を統一する – 会社によって違う例: interface – sun: インタフェース – Microsoft: インターフェイス – IBM: インターフェース – 製品によって違う例: sunのglobal – Javaなど: 「大域」(大域関数など) – 一般用語: 「グローバル」(グローバルリソースセンターなど)

もし翻訳を依頼するなら

  • スタイルガイドと用語集を用意する
  • 作らないまでも、sunに合わせる、とか決める。
  • 文脈がわかる資料も添える
  • 品質・納期がよくなる
  • 原文をきちんとしておく
  • 用語を揃える、置換されうる部分は[]で囲んでおく、など
  • 翻訳メモリをきれいに保つ
  • 発注者側が翻訳メモリを渡すこともある(情報資産)
  • 最初にいい翻訳メモリを作る

ヒトコト

すごい異次元。楽しかった~。 ためになりました。 なんか翻訳してみようかな。

ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads