CentOS5.3にKaresansuiをインストールしてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOS5.3にKaresansui-1.0.2-1をインストールしてみたときのメモです。

今回の環境

  • CentOS 5.3
  • DELL SC1435
  • Opteron 2376(2.3GHz Quad-Core) x2
  • 8GB Memory

インストール

参考: – Karesansui Wiki チュートリアルkaresansuiをインストール エラーの記録 – 日常茶飯事CentOS5.3にXenをインストールしてみた – 名古屋のベンチャー社長と理想のIT企業

まずXenを動かす

rootで実施

yum groupinstall Virtualization yum install iscsi-initiator-utils cyrus-sasl-md5 qemu gnutls-utils PyXML mysql-server MySQL-python gnome-desktop環境も入ってしまうので、抜いておきます。 yum remove gnome-* Xenを動かすための設定 echo “alias scsi_hostadapter xenblk” >>/etc/modprobe.conf grep -lr “DEFAULTKERNEL=kernel” /etc/sysconfig/kernel | xargs sed -i ‘s/DEFAULTKERNEL=kernel/DEFAULTKERNEL=kernel-xen/g’ grep -lr “default=.” /boot/grub/menu.lst | xargs sed -i ‘s/default=./default=0/g’ ここで一旦reboot。 uname -aしてxenになっていることを確認したら完了。

Karesansuiインストール

wget http://iij.dl.sourceforge.jp/karesansui/40623/karesansui-1.0.2-1-install-pack.tar.gz tar zxf karesansui-1.0.2-1-install-pack.tar.gz cd Karesansui ./karesansui-install ダイアログに従って入力・・・ ./karesansui-checkenv これで Everything is gonna be alright!! となればOKです ブラウザでアクセスしてみましょう https://{HOST ADDRESS}/karesansui/v1/ インストール時に入力したID(メールアドレス)/パスワードを入力して完了です! Screenshot-karesansui.png

仮想マシン作成

http://rsync.atworks.co.jp/ からDLするものとします。 – カーネルイメージ: http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.3/os/x86_64/images/xen/vmlinuz – initrdイメージ: http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.3/os/x86_64/images/xen/initrd.img 作成できたら、vncでホストOSにアクセス。

仮想マシンをインストール

bridge接続の場合、 リアルネットワークで利用できるIPアドレスを指定して ネットワークインストールしましょう。 192.168.122.x/24を使う場合には、ネットワークを 仮想ネットワーク にして VMを作成しましょう。 HTTP/FTPインストールで – ftp.riken.jp – /Linux/centos/5.3/os/x86_64/ とかにすると楽かも。 ※このタイミングで仮想マシンを再起動すると、二度と起動しません。おとなしく削除して再作成しましょう(原因不明) と、いうわけでできました。 楽チン!すばらしい~

ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads