BP Study#16に参加しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月恒例:Be Proudさん主催の勉強会 BP Study に参加してきました。
今回はMCということで、インフラまわりのことについて喋らせてもらいました。
→BP Study #16

資料も公開します。はみ出しているところがあるのはご愛嬌ということで。。。
Linuxシステムの物理制約と(web)システム監視のポイント

今回はかなりライトな内容にしました。
中にはディープなのを期待してくださっていた方もいたようで、もうしわけないです。
次の機会があれば、もっともっとマニアックな話をしたいとおもいます!

MySQLのネタでトラブルと解決方法の話をしたときに、場が急に盛り上がったのが印象的でした。
みんな困ってるんですね。
MySQLはMySQLなりの、PostgreSQLはPostgreSQLなりの悩みとか、ポイントとかあるんですよね。
しかし、Slony-Iにはがんばってもらわないと。


懇親会、2次会と、いろいろ楽しくお話させていただきました。
やっぱり、もっとインフラはアプリのことを、アプリはインフラのことを知るべきですよね。
お互いに協力して1つのシステムをつくっているわけで、チームなんですから。
インフラ系同士のエンジニアの交流・インフラとアプリのエンジニアの交流はもっと推進していきたいですね!


しかし、いまのRails実行環境の定番って何なんでしょう。。。。
mongrel_railsは開発とまってるし、どうなんでしょうねぇ〜

ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads

コメント

  1. 木本達朗 より:

    メガディーという会社でシステム案件のディレクターをしている木本と申します。ビープラウド様には何回か発注させていただいた関係で、BP Studyにもちょくちょく参加させていただいているのですが、#16で馬場様の講演を聞かせていただき、とても参考になりました。 弊社では主にPHPとPostgreSQLの組み合わせで運用することが多いのですが、管理運営についてはまだまだ力が足りないと思うことが多く、歯がゆい思いをすることが少なくありません。 今後そういった仕事が発生した時には、是非御社に相談させていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

  2. Toshiaki Baba より:

    ■木本さん 拙い話を聞いていただいてありがとうございます。 webのシステムは本当に色々な要素というか側面があるのでぜひ(私に限らず)皆様で協力して楽しい世界を作っていきましょう!