IDManagerからKeepassXにデータ移行するxslt

はてな田中さん(@stanaka)がruby製の変換ツール書いてくれました。
独自項目が保存できるのでこちらを利用するのをお勧めします!
https://gist.github.com/3263705

ruby 1.9.2-p290, 1.9.3-p194で使えました。

使い方はこんな感じ。
https://gist.github.com/3282820

sed 's/encoding="shift-jis"/encoding="cp932"/' in.xml  | idm2keepassx.rb >out.xml

以降は「XSLTでやってみたい!」という方向けのエントリ
Linux Desktopで業務を回そう計画の一環として、IDManagerをKeepassXへ移行する予定です。 アプリを変えるためにはデータ移行! ということで、IDManagerでエクスポートしたXMLを、KeepassXでインポートできるXMLに変換するXSLTを書きました。 XSLTヨクワカラナイのでいろいろ参考にさせてもらいました。 特に助かったのはここでした。改行置換はまるっと使わせてもらってます。 ⇒FAQ的なXSLTのサンプル ちゃんとXMLで出力するようにxsl:element使って書いたけど、すごく読みにくく。。 なんちゃってXMLで、HTMLっぽく書いてた時のほうが読みやすかったなぁ。 ※使用上の注意 IDManagerでエクスポートしたXMLのエンコーディング指定を書き換えないとうまく動かない場合があります!

before

<?xml version="1.0" encoding="shift-jis" standalone="yes"?><idmData>

after

<?xml version="1.0" encoding="CP932" standalone="yes"?><idmData>
本体はかなり長いので、つづきに書いておきます。 [Read More]
Linux