クラウド勉強会で話してきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウド勉強会@niftyでスピーカーできることになったので、「物理サーバとクラウドの運用管理の違い」について話してきました。

予想外の大量スーツさんに驚きつつ、ノートPCをプロジェクタに接続・・・したところ、予想通りのトラブル(外部ディスプレイを繋ぐとノートPCがハングアップする、起動のPOST画面で数分固まる)を経てようやっと話せました。

↓当日のスライドはこちら

※録音した自分の声って、感覚と違ってキモチワルイですね。

時間の関係ですごくサラっと話させてもらいました。うまく気持ちは伝わったかな…伝わらなかったかな…という点は少し心残りですが、たぶん使っていくうちにジワジワと実感してくれるのではないかと期待してます。

こういうパラダイムシフト的なものは、実感しないとわからないので、「分かる人には当たり前。わからない人にはサッパリ」な内容だったかもしれません。 でもきっといつかわかる日がくるよ!(たぶん)

と、いうわけで質問などあればtwitterあたりで声かけてくださいな。


オマケ

“物理サーバとクラウドの運用管理の違い 2010 03 24 馬場” is being tweeted more than any other document on SlideShare right now. So we’ve put it on the homepage of SlideShare.net (in the “Hot on Twitter” section).

Well done, you!

  • SlideShare Team
ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads

コメント

  1. 通りすがり より:

    AMIパターンを増やさず起動パラメーターで場合分けする、とのことですが具体的にはどのように行うのでしょうか。 ec2-run-instancesの引数で与えられるのかな、と思いヘルプを見たのですがよくわかりませんでした。 良かったら教えていただけますでしょうか。

  2. Toshiaki Baba より:

    >通りすがりさん ec2-run-instancesの-dオプションを使うとできますよ。 -d user_data(MIME, Base64-encoded user data.) 渡したデータは、起動したインスタンスから特定のURLにアクセスすることで取得出きるので、Base64-decodeして利用することができます。