「Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本」という書籍が発売されます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本 ~インフラの設計から構成、監視、チューニングまで~ という本を書きました。

2014/12/27に発売予定です。ぜひ購入してください!そして年末年始に熟読してください!ぜひ!
※2015/2/1頃にKindle版も出ました!

1〜4章は特にインフラに触れたことがない方向けに基本的な内容を、5〜8章はそれだけでなくインフラ初級〜中級のISUCON決勝に残れなかったくらいの方まで広く読んでいただきたい内容になっています。

私はWebシステムの監視・障害対応という職業柄、再現性の高い方法論を言語化してつくるようにしてまして、本書にはそれをたっぷり詰め込みました。 ISUCONやtuningathonでコンスタントに短時間でそれなりの成績を出せてきたのはこの本に書いたような方法論が背景にあるんです。 この本に書いてあることをきちんと実践できれば決勝進出はできます。間違いない。

いままでインフラにあまり触れていないWebアプリケーションエンジニアの方、Webシステムのインフラにこれから触れる全ての方に読んでいただきたいです。もちろん弊社の若手にも。

内容紹介

表紙画像はまだAmazonには出てないのですが、マイナビさんのほうには出てます。 →Amazonにも出ました

本書は、Webアプリケーションエンジニアや、フロントエンドエンジニアを対象に、知っておくと便利なインフラの知識をまとめた本です。 担当しているWebサービスをもっと高速化させたい方や、バックエンドと最適化された無駄のないアプリケーションを作りたい方、Webサービスのボトルネックを知りたい方、クラウドサービスを使って自分でインフラ部分を構築してみたい方などに役立つ内容になっています。 本書を読むことで、インフラエンジニアとの連携がよりスムーズになったり、インフラへの負担を配慮したアプリケーションを作れるようになったりと、新しい力を身につけることができるでしょう。
1章は、導入の章として、Webサービス構築に関係するインフラの役割や範囲、インフラ構築・運用ではどういったことが重要なのかについて紹介しています。
2章ではインフラ技術の基本知識をまとめています。インターネットを通してのデータのやり取りに関係する技術や、インフラ要素(機器)のスペックの読み方、性能やデータに関する基本知識をまとめました。
3章では、Webサービス構築のためのサーバ構成のベストプラクティスをまとめています。基本パターンをベースとして、目的に応じていくつかの構成を紹介しています。また、負荷分散の基礎知識も説明しています。
4章は、インフラ手配時の基礎知識です。要件に応じて、回線やサーバなどの必要キャパシティの計算方法や、構築後の検収作業についても紹介しています。
5章と6章は、システム監視の基本から、障害が起きたときの対応方法、またシステムモニタリングをする際の見方や対応のコツを紹介しています。Cactiと「Percona Monitoring Plugins」を例に、さまざまなグラフの見方を取り上げています。
7章と8章は、ボトルネックの見つけ方やチューニングの方法を紹介しています。複数の切り口からのボトルネックの見つけ方の具体例や、目的別のチューニングレシピを多数紹介しています。

自己学習から教育まで、広くご活用ください。

ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads

コメント

  1. […] 「Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本」という書籍が発売されます! – netmark.jp […]

  2. […] 「Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本」という書籍が発売されます! – netmark.jp […]