Play frameworkをインストール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリはPlay frameworkひとりアドベントカレンダーの2日目です。

今日はPlay frameworkをインストールして動かしてみます。

今日のカリキュラム的には、コンソールで play help と打ってこんなのが出てくると仮免です。

$ play help
       _            _ 
 _ __ | | __ _ _  _| |
| '_ \| |/ _' | || |_|
|  __/|_|\____|\__ (_)
|_|            |__/ 
 
play! 2.0.4, http://www.playframework.org
Welcome to Play 2.0!
 
These commands are available:
-----------------------------
license            Display licensing informations.
new [directory]    Create a new Play application in the specified directory.
 
You can also browse the complete documentation at http://www.playframework.org.

そして!ブラウザアクセスできる画面が出たら路上デビュー!

インストール

機種別に解説!といっても簡単なので難なくいけると思います。

MacOSX

brew install play

これだけ。

brew使ってない場合はこんなかんじ。

curl -O http://download.playframework.org/releases/play-2.0.4.zip
unzip play-2.0.4.zip
echo alias play="`pwd`/play-2.0.4/play" >>~/.bashrc
source ~/.bashrc

CentOS

sudo yum install java-1.6.0-openjdk java-1.6.0-openjdk-devel unzip
curl -O http://download.playframework.org/releases/play-2.0.4.zip
unzip play-2.0.4.zip
echo alias play="`pwd`/play-2.0.4/play" >>~/.bashrc
source ~/.bashrc

これだけ。

Ubuntu

わからんちん(´・ω・`)

Windows

機種変しましょう。

動かしてみる

Let’s play help!

満を持して play help

play help

どう?動いた?

動かなかったら、 play-2.0.4/play help してみてください。

それでも動かなかったら、Twitterで #playframework ハッシュタグをつけてヘルプミーしましょう。
日本語でOK! 日本人コミュニティ・日本人コミッタの方々が助けてくれるかもしれません。

プロジェクト作ろうぞ

では早速プロジェクトを作りましょう。

今回は twowatter というプロジェクトを作ってみます。

play new twowatter

ちょわー!

↓こんな感じになるよ。
名前は適当に。プロジェクトは 2 ( Java ) にしましょう。 Scalaわからん。

$ play new twowatter
       _            _ 
 _ __ | | __ _ _  _| |
| '_ \| |/ _' | || |_|
|  __/|_|\____|\__ (_)
|_|            |__/ 
 
play! 2.0.4, http://www.playframework.org
 
The new application will be created in /Users/baba/Documents/project/twowatter
 
What is the application name? 
> twowatter
 
Which template do you want to use for this new application? 
 
  1 - Create a simple Scala application
  2 - Create a simple Java application
  3 - Create an empty project
 
> 2
 
OK, application twowatter is created.
 
Have fun!

Have fun! ですって!

それでは動かしてみましょう。

play run 打ったあと、結構時間かかりますが、コーヒーでも飲んでてください。
ココアでもコーンスープでもいいです。
静岡人の私としては緑茶がいいと思います。
「お茶する」って言ってコーヒー飲むのは普通なんで、コーヒー飲むって言って緑茶飲んでもいいじゃない。

cd twowatter
play run
$ play run
()
[info] play - Listening for HTTP on port 9000...
 
(Server started, use Ctrl+D to stop and go back to the console...)

したらブラウザで http://localhost:9000/ を開いてみましょう。
1アクセス目はコンパイル走るので重いです。1アクセス目だけは。。。

画面でました?でたら Enjoy Play! しましょうね ;)

play run の画面は Ctrl+d 同時押しで抜けられます。
正しい終了の仕方さえわかっていれば怖くない!

ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads