Play frameworkひとりアドベントカレンダーはじめます #playframework

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い立ったらひとりアドベントカレンダー。 業務とは関係ないけどPlay Frameworkをテーマにしてひとりアドベントカレンダーしてみます。

というわけで、このエントリはPlay frameworkひとりアドベントカレンダーの1日目です。

Play framework?

The Play framework makes it easier to build web applications with Java & Scala. Play is based on a lightweight, stateless, web-friendly architecture and features predictable and minimal resource consumption (CPU, memory, threads) for highly-scalable applications – thanks to its reactive model, based on Iteratee IO. http://www.playframework.org/

Play framworkって何でしょう?   ちょー簡単に言うと、Play frameworkを使うとJavaとかScalaでウェブアプリ書くのが楽に、楽しくなります。しかも軽量・高速。

これはいいものだ。

Why Play framework?

なんでPlay framworkか、って?
だって書くの楽しいもの。

Playに出会う前の私のJava経験と言えばJDK1.4時代が最後。
StringBuilderとかGenericsとか拡張forとかありませんでした。
AS400上のWebSphereにSeasar2とDWRでAjaxなアプリ書くための検証とかしてたのは今でもいい思い出。
EclipseかわいいよEclipse。

Eclipse使って、記憶力を極力使わずにWebアプリを書きましょう。
鳥頭の私には、パッケージ名覚えるのとか無理でござる。

このひとりアドベントカレンダーが前提とする環境

こんな環境でしようかなーと。

ads

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads